武蔵野アクアスロン

  • 2012/09/16(日) 15:46:37

先週の記事でお知らせしたとおり、
先週9月8日に武蔵野アクアスロンに出場してきました。
Swim500m+Run3.4kmという超ショートディスタンス。
武蔵野市の屋外プールと陸上競技場を利用する、ちょっと珍しい大会ですが、環境はバッチリ。
しかも家から自転車で5分の場所で開催される手軽さで、これまで出場しなかった事が不思議な大会です。

とはいえ、私にとってはマルチスポーツのレースはこれが今シーズン最後なので、ショートディスタンスとはいえ密かに準備をしていました。
●スイム事前トレーニング
 8月後半からスイムの練習回数を増やした。
 それまでは週に3-4回程度でしたが、週5-6日泳ぐようにした。
 あわせて、ドリル練習も増やし、フォームも少しずつ安定するようになってきた。
 これで徐々にタイムも上がってきた。うん、いい感じ。
●ラン事前トレーニング
 基本的に量を増やしても意味がないので、スピード重視の練習。
 しかも、1000mのインターバルとかではなく、100mとか400mの短距離。
 距離からすると、キロ4分以下のペースが要求されるが、最近はそんなスピードで
 走ったことないので、速い動きに体を馴染ませるための練習。かつ、スピードを
 上げても変に力まないための練習。
 正直、効果があるかどうかはわからないが、やるだけやってみた。

スタートは10秒おきに1人ずつスタートする、時間差スタート。
今回は同じチームの練習仲間3人と参加。同じチームで順位争いが気になる所です。

●スイム
 プールに入って、タイミングチップを「ピッ」としてもらってスタート。
 500mとはいえ、あまり勢い込んで突っ込むと乳酸がたまって動かなくなるので、
 少し抑えめで入る。
 徐々にスピードを上げていくが、先にスタートした人たちを追い越すのに少し
 手間取ったりして、思ったようにスピードは上がらない。同じチームで10秒後に
 スタートした仲間(通称:王子)にいつ追いつかれるかとビビりながら泳いだ
 が、400m付近でついに追いつかれてしまう。その後は当初の予定通り、とにかく
 ピッタリとくっついて泳ぐ。完全に後に着いた状態でスイムフィニッシュ。
●ラン
 トランジションもほぼ王子と同時に終えランスタート。しばらくは併走するが、
 やはり練習不足、スピード不足は否めず、徐々に置いて行かれる。まあ、予定
 通り、と思いつつ、ペース維持を心がける。1周目の折返しの後、やはり同じ
 チームの仲間2人(通称:隊長と通称:ゴーイチ)が迫ってくるのを確認。追い
 つかれるのは想定内だが、予想以上に速い!
 ここで変にがんばってもタイムが上がるわけでもないので、ペース維持を心
 がける。
 2週目で早々とゴーイチに、しばらくした後に隊長にも追い越され、ちょっと情け
 ない感じもあったが、とにかに残りを落とさないように意識。最後はヘロヘロに
 なったものの、大きな落ちもなくゴール。

●結果
 Swim:0:08:20(10位) Run:0:14:09(16位) Total:0:22:29(10位;50代男子1位)

 Swimが100m1:40のペース。トランジション込みのタイムとはいえ、もう少し速く
 行けると思っていたのに・・・。
 Runはキロ4:09と目標としていたキロ4分切りならず。付け焼き刃ではどうしよう
 もないことが見事に証明された。これは何とかしなくては。11月のマラソンに
 向けて、距離、スピードともに充実させた練習が必要と痛感した。
 ただ、最低でも年代別は取りたいと思っていたので、なんとか取れてホッと
 した。

ちなみに同じチームから参加した他の3人は、
優勝:ゴーイチ、3位:隊長、9位:王子
ということで、私はチーム内最下位という情けない結果に。
ともあれ、TOP10に同じチームから4人が入り、チームとしてはまずまずの結果ではなかったかと思っています。

最後に応援していただいた皆さん、ありがとうございました。

レース終了後は急いで着替えて、リクルート時代の同期会にGo!
本当に久々の人にもたくさん会えて非常に充実した1日でした。

さて、次は富士山マラソンです。目標はサブスリー。
かなり高い目標ですが、何とか結果を出せるようにがんばろうと思います。



ちなみに、私(前列左から2番目)が持っているのは年代別優勝の賞品のTシャツです。その左が優勝のゴーイチ、そのまた左が3位の隊長。

集中してやると効果が出るもんですね。(水泳の話)

  • 2012/09/07(金) 09:42:11

ようやく朝晩は涼しくなってきましたね。
練習もすこしやりやすくなってきました。

実は、未だに右股関節回りの不調は続いてまして、すこし運動するとすぐに腰、お尻にハリが出て動きが悪くなってしまいます。それでも知り合いの鍼灸師に治療してもらいながら、徐々に快方にむかっているものと思われます。早く体の不調を取り除いて、思いっきり練習できる状態にしたいものです。

さて、走れないから、というわけではないですが、先々週くらいから、泳ぐ回数を増やしています。
それまでも週に2,3回は泳いでいたのですが、なかなかスイムの調子が上がってこないので、ちょっとイラッとして、「毎日泳いだら感覚、変わるかな?」と思って始めてみたのがきっかけです。
で、先々週は火曜から土曜まで毎日。先週も4日泳ぎました。
ところが、これが見事に当たって、今週くらいから調子が上がってきました。
もちろん、自分ができてないと思った動作を確認するためのドリルを多めにやったりと、内容にも工夫はしていますが、それでもなるべく間を空けない、というのがよかったみたいです。
それまで、インターバルで100mを1:30サークルはまったく余裕なく、1,2本くらいしか持たなかったのですが、4本は多少余裕をもって回せてます。50mも0:40でちょっと余裕を持って泳げるようになってきました。
こうなってくると楽しいので、更に泳ぎたくなる。もう少し、週4回くらいは泳ぐようにしてみようかと思っています。
やはり、「泳ぐ」という動作は普段の生活ではなかなかできないので、毎日やるのは有効だな、とあらためて思った次第です。



この調子で、今度は毎日走るのをやってみようと思っています。
そういえば、若い頃は、シーズン前に強化月間と称して、1種目の時間を増やす時期を作っていたことを思い出しました。あの頃はそんなに効果があったようには思わなかったけど、きっとそれは常に練習してたからなんですね。加齢や現在の体調に合わせて、練習方法も変えていかないと。

ちなみに明日は武蔵野アクアスロンに出場予定です。
スイムのタイム、どんなタイムがでるか、楽しみです。

IRONMAN70.3 セントレア常滑ジャパン

  • 2012/07/10(火) 10:39:00

遅ればせながら、先日のレースのご報告です。

<レース前トレーニング>
●まともなトレーニングは4月以降
 のっけから言い訳ですいません。
 昨年の夏以降、とにかく忙しくて、まともな練習ができず、今年2月の別大マラソン
 は30キロの関門(2時間30分)が通過できず、DNF。
 そんな状況から、約3ヶ月のトレーニングで何とか完走できたのは、練習仲間
 (TeamTRION)のおかげ。
●それでも満身創痍。全身チタンテープだらけ
 元々故障していたところに持って来て、急に練習したもんだから(2週続けて
 山中湖往復・170kmとか)、当然、体はすぐに悲鳴を上げ、あちこち痛み出す。
 神にもすがる思いで昔買ったチタンテープをはってみたら、思った以上に効果が
 ありそう。
 ということで、最新のチタンテープを購入し、痛いところに張りまくり。
 気がついたら、某F社の回し者のような状態に。
 通常なら2週間前から調整するのだが、3週間かけて調整して、何とかレースが
 できそうな体に仕上がる。
 
<レース当日>
●Swim:予想以上に好順位
 年代毎のウェーブスタートで同年代(50-54才)だけで同時スタートのため、
 ほとんどバトルはなく、すんなり前に出られた。ガンガン飛ばせるほどトレーニング
 もできていないので、とにかく冷静にペースを上げすぎないように前について行く。
 半分以上過ぎたあたりでも先頭は見えている。おそらく、ウェーブの中では4―5位
 だろうと確認。まずまずの出だし。
 ここからあまり順位の変動はなかったものの、ゴール直前で前のウェーブの選手
 に追いついてしまい、ごちゃごちゃになって順位の確認出来ず。
 ともかく、多少の余裕をもってバイクへ。
●Bike:やっぱり後半踏ん張りきれなかった
 バイクに移っても前のウェーブの選手をどんどんパスしていく。先にスタートして
 いる選手とは言え、抜い ていくのは気持ちいい。年代毎にゼッケンの色が違って
 いるので、ライバルの確認が非常にしやすく、同色ゼッケンに注意しながらペダル
 を回す。そう、前半から踏み込みすぎると後半まで持たない。とにかく無駄な力を
 入れずに回すことを心がける。
 10キロ過ぎくらいで同年代の選手に追いつき、そこから抜きつ抜かれつが続く。
 しかし、相手が前に出るとペースが落ちて、すぐに追いついてしまうため、なかなか
 ペースが上がらない。そうこうしているうちに2人くらいに抜かれ、一緒に競っていた
 選手にも置いて行かれてしまう。なに、まだ先はあるさ、とマイペースを保つが、
 少しずつ勢いがなくなってくる。しかたあるまい。練習不足は否めないのだ。
 40キロ過ぎの折返しで同じチームのフルちゃんが近くまで迫ってきていることを
 確認。
 ヤバイ、追いつかれる。しかし、ここで必死に逃げても、間違い無く捕まる。
 とにかくペースを乱さず、落ち着いていこう。
 しばらくすると、やはり来ました、フルちゃんが。しかも、同年代のライバル4人の
 パック
となって。(ちなみに、パックのメンバーは年代別優勝の新木さん、
 卯月さん、中道さん、フルちゃん。そりゃ速いわ)
 なんとかパックに遅れないようについて行くが、練習不足はウソをつかない。緩い
 上りで徐々に置いて行かれる。クソ〜、でも、ここでがんばりすぎると後が怖いし・・
 泣く泣くパックを追うことをあきらめ、マイペースを維持。でも、やはり上りでは
 ペースがあがらなかった。その後、1、2人に抜かれ、かなり順位を落としたもよう。
●Run:思ったより走れたけど・・・
 靴下を履いたりするのにやや手間取り、トランジションタイムはよくなかったが、
 まずは勢いつけて行かなきゃ、ということでペースは上げ気味でいく。
 実はランが一番不安だった。練習の時もバイクの後のランでは最初はスピードが
 上がってもあっという間に落ちてしまう、ということがほとんど。
 とはいえ、ここで弱気には行けないので、とにかく腰高フォームと重心の位置に
 注意してペースを維持することに意識を集中させる。
 スタートして2キロのあたりでシーポの田中さんから「11位!」と教えてもらう。
 え〜〜!○%△#&?? 一気にやる気が失せる。
 事前の試算ではハワイのスロットは「2」 11位じゃどうしようもないわ。このまま
 やめようか、とも思ったが、せっかくこのレースを目指してトレーニングしてきたの
 だから、どこまでできるか力試ししなきゃ、ということで、やれるだけやる、と気を
 取り直して、ちょっとペースを上げる。
 その後、思ったよりも大きな崩れはなく、8k、12kと予定通りに補給し順調に進む。
 12k前後の補給でややペースが落ちた感もあったが、残り5kを過ぎる頃には何とか
 行けそうだ、という見通しもたったので、すこしずつペースも上がったと思う。
 残り3キロ過ぎで大学の後輩を抜き去るもゴール前で差しかえされ、悔しかったが
 追いつけず、そのままゴール。大きな崩れもなく、ランはまずまずの出来であった
 と思う。

<結果・反省> 
●結果
 総合 158位 年代別 11位
 S=0:26:05 (122) B=2:51:04 (178) R=1:40:57 (245) Total=5:05:14
 (カッコ内はパート毎の順位)
●反省
 Swimは一番早く仕上がったのでほぼ順当だが、もう少し速い順位で上がりたい
 ところ。練習不足で、突っ込んでいけないので、やや抑え気味になった結果か?
 Bikeは後半の落ちが怖くて、飛ばしきれなかった。次回は練習に裏付けされた
 レース展開ができるようにしたい。
 自分としては、Runが一番がんばれたと思うのだが、順位的には一番悪かった。
 ダントツで悪い。単なる自己満足だったという結果に結構落ち込んだ。
 しかし、どれをとっても100位以内に入っていないというのは、まったく情けない
 結果である。
 完走できればOKくらいで考えていたので、それなりに順当な結果だと思う反面、
 これまでの自分が目指してきた順位とはあまりにもかけ離れており、情けない
 限り。
 悔しい、本当に悔しいと思った。
 
 この悔しさをバネにして、まずはランを強化、秋のマラソンでサブ3を達成し、
 来年はハワイのクオリファイを奪取するぞ〜

東京マラソン 川内選手に感動!!

  • 2011/02/28(月) 13:41:30

昨日は東京マラソンでしたね。
毎年、東京マラソン直後には、会う人、会う人、「走ったんですか?」と聞かれて「抽選で落ちました」と答えるのが面倒に思うことが多かったのですが、今年あたりはもう大丈夫かな?第2回の申込み忘れ以外は毎年エントリしているものの、いつも抽選漏れ。考えて見れば、倍率10倍になったんだから、確率的には10年に1回か、と思うと何となく、納得いきます。

それにしても、日本人1位の川内選手は実業団にも属さない、フルタイムで働く一般ランナーでした。自分もトライアスリートとしてオリンピックに出たい、と思った時期もあったので、こういう人ががんばって成果を出してくれると、アマチュアアスリートの励みになりますね。世界選手権にも内定したみたいだし、是非、世界の舞台で結果を出して欲しいです。

実は昨日は寝坊してしまい、朝起きたら東京マラソンが始まっていたので、ある程度決着がついたら、途中から自転車乗りに行こうと思っていたのですが、川内選手の追い上げを見始めたら、出かけられなくなりました。そのぐらい、鬼気迫る、気合いの入った走りでした。なかなか見応えのある中継でした。

中継を見て知ったのですが、毎年自己記録を更新しているとのこと。恐るべきモチベーションの持ち主ですね。練習計画、自己管理etc. どれをとってもしっかりできていないとこうはいかないでしょう。ぜひ、彼の1日、練習方法など見てみたいものです。

でも、その前に未だに直らない、右股関節を何とかしないと。最近は耳鳴りもするようになってしまい、練習ができないわけではないのですが、体に不安があると思いっきり行けません。まずは、自分の体調管理だ!

P.S. 大阪マラソン、エントリしました。抽選当たるといいな。
   自分で言うのも何ですが、クジ運は至って悪いので・・・。
   マラソンで倒れずに食い倒れしたい!!

ただいま故障中

  • 2011/02/10(木) 11:11:26

一昨日の雪、ちょっと驚きましたが、今晩からまた雪のようですね。
明日は重要なイベント(トライアスロン関連)があるので、天気がとても気になります。
(どんなイベントか、って?それは次回に報告します。実は今このイベントの準備で結構大変なんです。)

さて、今日は現在の故障の話

前回のブログにも書きましたが、1/16のハーフマラソンの大会でケガをして、2週間後の勝田マラソンは途中棄権、その後もなかなか回復せず、すでに4週間近くが経過しようとしています。最近、あまりにも回復しないのでちょっとイライラしています。
せっかく年末から走り込んでいい感じで走れるようになってきたというのに、これではそれまでの努力が水の泡。まさに過ぎたるは及ばざるがごとし、です。

で、どんな状態かというと、どうしたわけか右股関節周りの筋肉が全面的に破壊されたようで、腰骨の下あたりにはタンコブのような膨らみがあります。股関節周りの筋肉は複雑に入り組んでいるのですが、どの筋肉というわけではなく、いろいろと影響しあって、全体的に故障してしまったようです。
故障した翌々日くらいまでは熱を持っていて、マッサージ等、できない状態だったのでしばらく湿布をしてアイシング。熱がひいた後にヨガ、ストレッチング等をおこない、固まった筋肉のほぐしに努めました。
約10日後、痛みもほぼ取れたところで試しにランニングをしてみたのですが、2キロも走らないうちに痛み出して、やはりダメ。その、5日後に勝田マラソンだったので、まあ、リタイヤも当然の結果でした。

さすがにこのままでは直らない、と思い、先週から針治療に行き始めました。
先週・・全般的に筋肉の張りが強すぎ、表面の固さを取るのみ。それでも股関節
    でも前の張りがかなり強かったようで、これが改善された帰り道、歩い
    ている途中で、骨盤が以前よりも立ち、後にずれた感覚がありました。
    また、左右のバランスが崩れている感じもかなり改善されました。
    それでもタンコブはまだ取れず。
今週・・先週の治療で表面の固さが取れた分、原因ともいえる筋肉の芯のほうの
    固い部分がわかってきます。で、その部分を中心に治療してもらいました
    (股関節周り以外にもふくらはぎ等)。かなり、ほぐれてきましたが、
    それでもまだタンコブは消えません。かなり、しつこいですね。
    まあ、焦らず直していくことにします。

このような状態が続くことは、自分に取っては非常のマイナスな状態だと思っています。単純に体調がよくない、というだけでなく、「走る」という生活のリズムが崩れるため、いろいろなことに前向きになれきれないのです。
まあ、そんなコトではいけないとは思うものの、なかなか割り切れません。
早く走れるようになって、前向きな自分を取り戻したいものです。
とりあえず、針治療が効いているので、今週末には少し走れるようになるかな?
無理なく再開する事が重要と考えてます。

年齢を重ねてくると、体との対話が本当に重要になってくるものですね。
皆さんもお気をつけください。