アイアンマンチャイナ >> ハワイ出場権獲得!

  • 2009/04/26(日) 08:27:34

しばらくご無沙汰してしまいましたが、実は海外遠征して、「アイアンマンチャイナ」というトライアスロンの大会に参加してきました。

「アイアンマン」という名称はトライアスロンが鉄人レースと呼ばれるようになった元となる大会の名称で、この名のつく大会は、水泳 3.8k 自転車 180k ラン 42.2k と距離が決まっています。現在は世界各地で20大会ほどが開催されており、各地の大会で成績上位に入ると、毎年10月にハワイ島コナで行われる、チャンピオンシップへの出場権がもらえます。ちなみに、成績上位、と言ってもいくつもの部門に分かれていて、大きく、プロの部門とエイジグループと呼ばれるアマチュア部門に分かれますが、アマチュア部門はさらに5歳刻みの年代毎に部門が設定され、それぞれの部門別での上位に出場権が与えられます。そのため、いくつになっても上位を狙うモチベーションを持つことができるのです。アイアンマンに参加するトライアスリートはみんな、このハワイの大会に出たくて、日々トレーニングを続けているのです。実は私もその1人。

さて、今回の大会は名前の通り、中国の海南島という、中国の最南端とも言えるベトナムに近いところで行われました。昨年も暑かったと聞いていたので、覚悟はしてましたが、後から聞いたら当日の最高気温は45℃。結果的には暑さでやられてしまいました。

水泳は川で泳いだのですが、流れが予想以上に速く、上りになるとかいてもかいても進まない感じがして、相当疲れました。
その後の自転車は往復90キロのコースを2往復だったのですが、2往復目の初めの部分で足が痙攣を起こし、その後、あまりスピードが上がらず、また、暑さで脱水症にもなりかけ、ぼろぼろの状態で何とか自転車を終了。
ランに入っても、自転車でぼろぼろになってしまったため、まともに走れるわけもなく、加えて強烈な暑さ。しばらく走っては歩き、歩いては走る、を繰り返し、最後は生まれて初めてレース中に戻してしまうという状況に陥りましたが、3カ所ほどある折り返しで年代別の順位を確認しながら、最後まであきらめずにがんばったおかげで、年代別の4位に入り、ハワイの出場権を得ることができました。
ちなみに、トータル時間は12時間16分45秒で、フルマラソンは5時間21分もかかってしまいました。

正直いって、全く納得のいくレースではなかったし、普通ならとてもハワイの出場権がもらえるようなタイムではなかったのですが、あきらめずに走ったご褒美に神様がくれたものだと思えるような、奇跡とも言えるハワイの出場権でした。

ともあれ、ハワイの大会に出場するのは6年ぶり。10月のハワイをめいっぱい楽しみたいと思います。もちろん、いいレースができるようにきっちりトレーニングはしていきます。