Facebookで何ができるか

  • 2011/01/26(水) 08:28:26

カラカラ天気が続いてますね。
月曜の夜には突然の雨で驚きましたが(自転車で濡れて帰る羽目になりました)、これも焼け石に水だったようで、引き続き乾燥注意報です。
インフルエンザも流行っているようですから、くれぐれもお気をつけください。

さて、今日はFacebookの話題。
映画「ソーシャルネットワーク」の公開とともにFacebookの利用者が増えているようですね。
最近のデータでは日本での利用者は約200万人、日本の総人口を1.2億人とすると1.6%
本家の米国は45%超とのことですが、これって、子供と老人を除く、メインでつかっている年代だけを抽出して考えると、6-7割くらいは登録されている、ってことになりそうです。すごい数字ですね!!
日本で先行しているSNSの「mixi」は2000万人超ですからまだまだ開きはありますが、個人的には、今後、この差はどんどん縮まってくるように思います。

というのも、私も昨年12月からはじめて、友人を登録していくうちに次から次へと知り合いが出てきて非常に驚いています。
特に以前にいた会社で所属していた事業部の人が多く、ほとんどやってるんじゃないか、ってくらいの勢いで友達が見つかります。
Twitterも結構知り合いが多かったですが、Facebookはそれ以上ですね。
今のところ、これによって何かが起こる、というわけではないのですが、なにかパワーを感じます。
自分なりに考えて見ると、実名での登録が基本のため信頼性が高い、同窓会的な使われ方をする事で新しい人の取り込みが容易、等が考えられると思います。

そんな中、先日、所属するIC協会の「Facebookで何ができるか」というセミナーを受けてきました。(講師は株式会社コムニコの代表取締役社長林雅之氏)
やはり、旬の話題だけあって、通常よりもかなり参加者が多かったですね。
内容としては、TweitterとFacebookの違いやビジネスユースでの成功事例(主に米国の事例)等の話が聞けて、とても有意義なセミナーでした。
ビジネスユースとしての成功事例はファンページによるものが主でしたが、大企業での事例が多く、我々のような個人や中小規模のビジネスでの事例はあまりないようです。しかし、これまでに例がないからこそ、チャンスである、とも。
私はこの手の話を聞くと、やってみたくなる性分ですので、近々にファンページ、立ち上げる予定です。
ファンページできたら、また報告しますので、覗いて見てくださいね!!