ほんの少しの勇気を

  • 2011/04/18(月) 20:54:04

今年のサクラは先々週末が一番の見頃でしたが、一週間経った先週末は完全に葉桜になってしまってましたね。予想以上に早く散ってしまったので、ちょっと残念。
昨日は自転車の練習で青梅、飯能方面に行きましたが、彼の地は満開をちょっと過ぎたくらいで十分に楽しめました。やはりサクラを見るとなにかウキウキします。いいですよね。
肝心の練習の方はといえば、サクラを見てる余裕があるくらいですから、ペースは当然ノンビリモード。まだまだ、故障明けのリハビリモードです。来週あたりから何とか通常モードに戻せそうかな?まあ、無理せずゆっくり戻していきます。

さて、昨今、いろいろなところから自粛ムードに対する反論、「お金を使おう。経済を回そう。」というよう意見がでていますが、私としてはこの意見には大賛成で、飲み会の企画等、率先して行うようにしています。(とはいえ無理のない、常識の範囲で、ですが)
特に東北地方のものは目につけばなるべく買う(飲む?)ようにしています。最近では、岩手のお酒、ほうれん草、といったところでしょうか。

そんな中、お手伝いしている居酒屋(注1)の店主が「お客さんから日本酒の品揃えを増やして、って言われたのですこし増やそうかと思ってる」というので、「可能なら東北のお酒を入れましょう」と提案しました。もちろん、そんなにたくさんは一気に入れられないので、品揃えの中で入れられそうなものがあれば、という前提つきです。実は、少し前に行った、別の居酒屋で東北の日本酒を集めたメニューを作り、「おすすめ」していたのをみて「いいね!」と思ったので、ここは少しでも復興のお手伝い、と思って提案したのです。しかし、予想外に店主はあまりいい顔をしませんでした。理由を聞いてみると、やはり風評を気にしているようです。すでに瓶詰めされているお酒にどんな影響があるのか?とやや腹立たしく思ったのですが、個人の感情による部分も大きいせいか、どんなに説明してもなかなか納得してもらえません。

非常に悲しい気分になったのですが、後で冷静に考えてみれば、これが普通の感覚なのかもしれませんね。特に飲食店は変な評判がたってしまえば、お店はあっという間に傾いてしまいます。そう思えば致し方ない事なのかもしれません。特に私は仙台で7年半過ごした経験から、思い入れが強すぎるのかもしれません。

しかし、今はどんな形であれ、被災地の人たちの役に立てることを極力する、という姿勢をみんなが持って当たることが重要だと思うのです。感情ではなく、冷静で理知的な判断の元に。とはいえ、感情的にどうしても踏み切れないこともあると思います。だからこそ、それを乗り越えるために少しの勇気が必要なんだ、と思いました。そう、こういうときだからこそ、ほんの少しの勇気をもって行動することが大きな成果につながるのでないか、と思っています。

やや、説教臭い話になってしまいましたが、機会をみて、何度でも東北の酒、提案してみようと思います。皆さんの回りにも、ほんの少しの勇気が出せない人がいれば、是非、声をかけてみてください。でも、ケンカにならない程度でお願いしますね。(笑)

ではまた。


(注1)以前にも書きましたが、近所のなじみの居酒屋で良く通っていたお店。
    最近、調子がよくないので、建て直しのコンサル兼アルバイト(週末のみ)
    している所です。

メルマガ 始めました

  • 2011/04/08(金) 21:36:47

昨夜の地震には驚きました。
地震速報も見ていたので、事前にわかってはいたのですが、最近、空振りが多かったので油断してました。予想以上に大きな揺れにちょっとビビりました。
余震もほぼ落ち着いたな、と思った矢先だったので、忘れた頃にやってくるとはよく言ったものです。やはり、油断はいかんです。
それにしても、またしても東北地方には被害が出たようで、本当に気の毒に思います。ここまで試練を与えるのか、やり過ぎだろ、って思ってたら、宮城県北部の大崎市に住んでる友人も「東北は地球から要らないと言われているみたいだ」とつぶやいてました。被災地の多くの人たちがそう思ったかもしれません。でも、そんな事はない!「地球は見捨てても、俺たちは見捨てない。がんばろう!」って返信しました。少しでも前向きになってくれればよいのですが・・・。

さて、今日はちょっと新しい話題。
ずいぶんと前から考えてはいたものの、なかなか構想がまとまらず、ズルズルと先送りになっていた、メールマガジンをようやく創刊しました。
題名は『APS通信』ありきたりな名前ですが、まあ、ひねりすぎるよりわかり易い方がいいだろうと思って、この名前にしました。

先週のブログでも書きましたが、四年目に突入し、何か新しいことをやらないければならない、って想いも強くありましたし、それにうまくあうようなタイミングで構想がまとまりつつあったので、この4月から始めることにしました。内容的にはこれから十分に検討して行く余地はあると思いますが、まずは出してみて、続けながらいいものにしていこうとと思っています。

今のところ、内容的にはありきたりですが、今の私の考えていること等を知ってもらえるとうれしいな、と思っています。

また、他のビジネス系のメールマガジンではあまりお目にかかれないような内容ですが、トライアスロンの練習をする中で、日々気づいたことも1つのコーナーとして載せることにしました。これまで、気づいて、試して、いいな、と思うことをなかなか文書にまとめて残す機会がなかったので、今回、思い切ってやってみることにしました。自分で言うのもなんですが、レベル的にはこっちの方が格段に上だと思います。(笑)
それに、書く内容にも困らないと思います・・・。

このメルマガも、先週のブログに書いた、行動習慣の1つにしていこうと思っています。
よかったら、ちょっと覗いて見てください。(こちらから見ることができます)

読んでみて、気になることがあれば、どんどんお知らせください。いいこと、悪いこと、全て受け止めて、いいものにしていきたいと思っておりますので。

今後ともよろしくお願いします。

新年度に思うこと

  • 2011/04/01(金) 16:39:15

新年度が始まりました。
思い起こせば、24年前の今日、期待に胸を膨らませて、武道館で私の社会人生活はスタートしたのでした。
(当時、R社は武道館で入社式&社員総会をしていました)
今日、社会人生活をスタートさせる人に言いたいことはたくさんあるけど、「どんな自分なる事が一番幸せか、を考え、それを実現できるように前へ進め!」と言いたいです。
自分が会社に入った時期はバブル直前、景気のいい話も多かったし、なんやかんやいっても、まだまだ終身雇用のシステムが機能していました。何も考えなくても、とりあえず会社でがんばれば何とかなる、的な感じはありました。(もっとも、R社には定年までいる、って人はほとんどいませんが・・)
しかし、未曾有の震災に襲われ、経済状況の先がみえない今、大事なのは入った会社ではなく、その会社で自分がどう成長できるか、ということだと思います。そのためには、自分に何ができるかを考え、実行すること。これしかないですよね。24年前の僕にはそういう感覚は全くなかった。すごく反省しています。このことに気づいたのはいつだったか?そんな自分の体験から、新社会人の皆さんには早く気づいて欲しい、って思っています。もっともいろいろなことを経験しないとわからない事もあるので、あまり焦ることもないとは思います。じっくりと、でも自分が最終的に目指すものは何か、はやくそういう思考にたどり着いて欲しいと思っています。

そして、3年前の今日、今の事業を始めました。
昨年度は正直言って、かなり厳しい年でした。何故厳しかったのか?
理由は明確です。勝ちパターンを作りきれなかった、ということに尽きます。
今更ですが、最近、いろいろな本を読んで、勝ちパターンの作り方を考えています。
もちろん、これまでもいろいろと考え、勝ちパターンを作れるようにやってきたつもりです。
でも、できていない。
何故なのか?
自分なりに分析してみた結果、最終的に単純なアクションに落とし込み切れていなかった、ということかな?と思っています。

1月から、毎日、毎週の習慣を決めました。これは今のところ、1つを除いて、何とか続いています。(できていない1つ、というのが一番重要と思っていた「掃除」なので、まだまだ甘いですね。せっかく今年の最初のブログにも書いたのに・・・。猛省・・)
ともかく、いろいろなことを習慣化し、ひたすら続けられるようにし、その中から勝ちパターンを作っていきたいと思っています。

P.S. 3月29日に東京でサクラの開花宣言が出ましたね。
    いつも走っている井の頭公園では先々週あたりから寒緋桜と彼岸桜が満開。
    (すでに一部葉桜)
    一足早い花見の、とてものどかな雰囲気で家族連れがお弁当を食べている
    のを見ていると、それだけで幸せな気分になります。被災地においても、
    1日でも早く、こんな雰囲気を楽しめるようになるといいな、と思いました。
    花見の自粛に賛否両論が出ていますが、私は花見はすべき(というか、
    例年通りにすべき)と思っています。自粛ムードによる消費の冷え込みが
    問題視されています。普段通りの生活をし、経済を活性化することが日本を
    元気にする基本だと思うからです。
    「金は天下の回りもの」といいます。お金が回るようにして、みんなにお金
    が行き渡るようにする事がみんなの幸せにつながると信じてますから。