DeNA南場社長の講演

  • 2010/03/06(土) 12:59:33

先日、ドリームゲートのイベント「大挑戦者祭2010」でDeNAの南場社長の講演を聞いてきました。

TOPコンサルタントから起業家への転身の経緯、事業の経緯(黒字になるまでに4年かかった)、今後の展望(米国での事業展開)などを話されてました。コンサルタントと経営者の違い、日米の企業環境の違い等の興味深い話を交えての講演でしたが、非常に面白いお話でした。と同時に、起業への思いを改めて強させてくれるお話でもありました。
(起業家になりたかったらコンサルタントになるな、とも言ってましたね)

私もコンサルタントを名乗っていますが、一番寂しいのは提案しても実行ができないことです。つまり、意志決定はできない。これは大きな違いです。でも、本当につらいが楽しいのは意志決定をして、実行することだと思うんですよね。

もちろんコンサルタントも事業ですから、自分の仕事に対して、意志決定をして実行するのですが、何かが違うんですよね。
南場さんもコンサルタントは「何を言うか」に腐心し、経営者は「何をするか」に腐心する、とおっしゃってました。まさにその通りだと思います。

日本発のベンチャーとして、Yahoo!、Google、Facebookのようなワールドワイドで成功を勝ち取りたいという思い、世の中にインパクトを与えられる事業を作り続けたいという思い、どれも共感できる事が多く、大変励みになりました。

私も起業するからには新しい価値を生み出したいと常々思って来ました。インパクトのある、新しい価値、いつか生み出したいものです。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

  • 画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
    文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。