他の誰かの人生を生きてはいけない

  • 2010/03/31(水) 18:13:34

珍しく、本のお話。

先日、梅田望夫氏の「ウェブ時代 5つの定理」という本を読みました。シリコンバレーのビジョナリーと呼ばれる起業家、投資家の言葉(格言?)を集めた、非常に素晴らしい内容でした。表紙−『ウェブ時代 5つの定理』


読み始めから、非常にインパクトを受けましたが、そのインパクトは薄れることなく、どんどん増幅し、最後に読み終えたときには久々、と言うより生まれて初めて、と言っていいくらい、本を読むことで体が熱くなるのを感じました。

1999年から2001年までの、いわゆるネットバブルの時代、私はシリコンバレーではなく、シアトルにいましたが、シリコンバレーのいろいろなネットベンチャーを見てきました。多くのベンチャーがIPOし、上がり続ける株価を見るに付け、日本のバブルを思い出し、少し危うさも感じたりしましたが、日本のバブルとの決定的な違いは、生き残ったベンチャーによって作られたビジネスが現在のネットビジネスの基礎を作り、大きな進歩を遂げる原動力となった事です。

そんな中で、私の中に「自分でも、いつかこんな新しい価値を世の中に提供できるような起業をしてみたい!」という思いが強くなってきました。

この本は、そんな思いを強くし、自分が思い描く自身の人生を歩むことを後押ししてくれたように思います。

中でも一番強く印象に残ったのは、アップルの創業者である、スティーブ・ジョッブス氏が2005年にスタンフォード大学の卒業生向けに行った講演内容でした。
その中の一部が日本語訳されたものが掲載されていましたので、引用させていただきます。
================================
君たちの時間は限られている。
その時間を、他の誰かの人生を生きることで無駄遣いしてはいけない。
ドグマにとらわれてはいけない。
それでは他人の思考の結果とともに生きることになる。
他人の意見の雑音で、自分の内なる声を掻き消してはいけない。
最も重要なことは、君たちの心や直感に従う勇気を持つことだ。
心や直感は、君たちが本当になりたいモノは何かを、
もうとうの昔に知っているものだ。
だからそれ以外の事は全て二の次でいい。
================================
偉大な仕事をする唯一の方法は、あなたがすることを愛することだ。
まだ見つかってないなら探し続けろ。落ち着いちゃいけない。
まさに恋愛と同じで、見つかればすぐにそれとわかる。
そして素晴らしい人間関係と同じで、年を重ねるごとにもっと良くなる。
だから見つかるまで探し続けろ。探すのをやめてはいけない。
================================

「他の誰かの人生を生きてはいけない」
涙が出そうになりました。体が熱くなるのを感じました。
最後にこの言葉はインパクトありすぎです。

この本は、今後、何度も読み返すことになりそうな気がします。
この本に出会えてよかった、本当にそう思いました。

ちなみに、ジョッブス氏の講演内容はスタンフォード大学のサイト
http://news-service.stanford.edu/news/2005/june15/jobs-061505.html
にテキストと動画が載っていますので、是非、見てみてください。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

  • 画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
    文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。